お知らせ

「防犯用機器」について

- ゲート型金属検知器
- ハンディ金属検知器
- 車両底面サーチングシステム

他、各種取り揃えています。


ゲート型金属検知器

Model PC15000: 33 Multi-Zone Walk Through Metal Detector



概要
Model PC15000は最新鋭のPinpointing 33 multi-zone 検知部を採用しており、空港、港、ビル、競技場などで認められ使用されています。

[特徴]
・ゲート内全エリアで検知が可能
・最新鋭DSPの使用で正確な検知が可能
・パネル毎の感度誤差を解決する相方向検知技術を採用
・各種金属に対して識別出来るようプログラム済
・CCTVや他の装置と統合し管理することが可能
・リモコンも用意できる(オプション)
・コンピュータ上で1ー99台を操作する事が可能

[技術的特長]
最新鋭DSP:
ひどいノイズがある状態でも、簡単で正確な検査が可能。
33 Multi-zone:
当該技術は金属物を縦横33分割された位置で検出・表示が可能。
Bi-direction:
通過部全体の検知を可能にする相方向検知システム。特殊アンテナと電子システムを専用ソフトと組み合わせ、誤動作を最小限に抑える。
識別機能:
Model PC15000は高識別機能を有する。また、検知プログラムが可変なので、種々の金属に応じて簡単に設定を変更する事が可能。鍵・コインなどの金属物に応じて感度を弱める事も可能。プログラムは国際機関に応じ対応できるよう予め設定されており、また種々の金属に対応。
Multiple Mode:
検知プログラムを状況や環境に応じて使い分けられるように開発しており、使用環境に応じてプログラムを設定・保存する事でより簡単に使用する事が可能。この技術の利便性が高いことから、ウォークスルー金属検知器は刑務所、空港、ビル、競技場、工場などへの防犯に用いられている。
Easy User Interface:
4つのボタンで設定を変更でき、簡単に取り扱うことが可能。
4 digit Security Key:
パスワード入力でのセキュリティ管理が可能(パスワードは変更可能)。


ハンディ金属検知器

Model PC150: Hand Held Metal Detector


Model PC150型携帯金属検知器は空港、港、ビル、学校、病院などで使用されるものです。

広範囲で鉄・非鉄金属の検知が出来るので、隠し持った武器や盗聴器を発見する事が出来ます。また、人体・動物・植物などを傷つけず簡単に検査することができます。

[特徴]
・高感度検知
・感度調整機能付
・電力消費僅少
・検知時バイブレーション通知可能
・イヤフォン端子付


車両底面サーチングシステム

Model JI-UVSS: Under Vehicle Searching System



車両底面サーチングシステムは一般車や商業車の車両底面を通過しながらの簡単な検査を行う事で皆様の安全対策をお助けします。

[特徴]
・スピード: 30km/h まで検査可能
・高解像度・フルカラー
・各種車両に対応
・全日・全天候使用が可能

[オプション]
・ナンバープレート認証カメラ